50代の基礎化粧品で若々しい肌を取り戻す|ハリツヤアップ術

笑顔の女性

潤いを保つことの大切さ

鏡を見る女性

安易に選んではいけない

女性は40代からホルモンの減少やストレスなどで肌が衰え始めます。しわは肌の水分を保てないことで出て来ます。代謝が悪くなることでしみやたるみやくすみの原因になっています。加齢や紫外線による影響で肌がダメージを受けてなかなか修復しにくいです。このころから自覚を持ってお手入れしておかないと50代で更に悪化し老けた印象になります。お手入れには年齢に応じた化粧品を使うことが大切です。パッケージの可愛さやCMが素敵だったからというだけで化粧品を選ぶと50代の肌に効果が感じられないこともあります。今の自分の肌に必要な成分を知っておくと選ぶときに参考になります。50代に効果のある化粧品で正しくお手入れすれば肌は若返ります。

高保湿成分を知っておく

若い肌にも年齢肌にも共通する大切なことは保湿です。若い肌は真皮層のコラーゲンの量が安定しているので少しのサポートで潤いが保てます。40代50代となるにつれコラーゲンは減少しハリが無くなっていきます。真皮層の潤いを保つケアが重要になってくるわけです。保湿成分としてセラミドという成分があります。水分を保つことと肌のバリア機能としての働きがあります。ヒアルロン酸は細胞間に水分を蓄え弾力の元となります。どちらも皮膚に備わっている成分ですが年齢と共にかなり減ってしまいます。これらが配合された化粧品でしっかりと水分を補います。成分がナノ化され肌に浸透しやすくなっているものもあります。洗顔後の化粧水や美容液で補う際には適量を優しく付けるようにします。決して強く擦りこまないことが大切です。

Copyright© 2016 50代の基礎化粧品で若々しい肌を取り戻す|ハリツヤアップ術All Rights Reserved.