50代の基礎化粧品で若々しい肌を取り戻す|ハリツヤアップ術

女性

年齢に負けない肌を目指す

スキンケア

肌の水分量が減っています

女性は更年期を迎える40代になると卵巣機能の低下により女性ホルモンの分泌が減ります。加えて家庭や職場でのストレスにより肌が衰え始めます。しみやしわをメイクで隠せても根本的な改善が難しくなります。このころから基礎化粧品で正しくスキンケアしてきたかどうかで次の50代では大きく差が出ます。メイクが映えるには素肌が美しくなければなりません。トラブルを隠すためにベースを厚く塗るよりもトラブルを起こさない肌を目指すことが大切です。そのために年齢肌に応じた基礎化粧品を使いましょう。若いころよりも肌の水分量は減っています。50代ではたっぷりと保湿するようにします。高保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が配合された基礎化粧品が有効です。

スキンケアには順序がある

基礎化粧品は効果を最大限に引き出すために順序や使用法を知っておく必要があります。スキンケアの基本は洗顔です。誤った洗顔は乾燥肌やたるみにつながってしまいます。朝晩2回の洗顔では50代にはツッパリ感の少ない固形タイプの石鹸が適しています。合成界面活性剤や防腐剤など肌の負担になるものが入っていないものを選びます。たっぷり泡立てこすらずに優しく顔になじませます。すすぎはぬるま湯で成分が残らないように流します。洗顔後は化粧水で水分を与えます。たっぷりの量を肌に染み込ませるように付けます。乾燥が気になるときは2回繰り返すとよいです。次に美容液で栄養分を与えます。美白効果やアンチエイジングなど50代に必要な成分を補いましょう。最後に乳液またはクリームで有効成分に蓋をして終了です。

潤いを保つことの大切さ

鏡を見る女性

40代ころから現れる肌のトラブルをお手入れしないと50代では更に悪化します。年齢に合った成分の配合された化粧品を使うようにします。セラミドやヒアルロン酸などの高い保湿成分が入ったものでしっかりと潤いを補いましょう。

詳細を読む

エイジレスな肌を実現する

化粧水を持つ人

しみやシワだけではなく、たるみやくすみなどが目立ってくる50代は、保湿成分に優れた化粧品を選ぶことで、お肌にハリと潤いをもたらすことができます。今後はますますこうした機能性の高い化粧品が開発されていくでしょうが、同時にその人らしさや年齢ならではの美しさを引き立てる化粧品が支持されるでしょう。

詳細を読む

年代別の商品の特性

顔に触れる女の人

化粧品の多くは年代別向けに分けられていて、50代向けは乾燥対策や美白効果をうたうものが多くなっています。この年代は大きな仕事を経て余裕のある人生を楽しもうと思う人が多く、その層に向けた商品も多くなっています。

詳細を読む

Copyright© 2016 50代の基礎化粧品で若々しい肌を取り戻す|ハリツヤアップ術All Rights Reserved.